自営業住宅ローン審査って?主婦が本当の基準を語る

住宅ローンの口コミ情報

一生の中でも一番大きな買い物とも言える、自営業の住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。

これからローンを組もうと色々探しているという方も、口コミが他の情報よりも分りやすく参考になる事があります。

ネットでも注目を集めているのが新生銀行です。

人気の秘訣は何といっても金利の安さにあるでしょう。

繰上げ返済をしたい場合の手数料も無料でしてくれますし、月末までに申込みをされた方には嬉しいサービスもあります。

とは言っても良い評判だけでないのが事実でもあります。

後で後悔しないためにも今できる最善を尽くしましょう。

憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。

購入に当たり自営業の住宅ローンを組まなくてはいけません。

自営業の住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。

自営業の住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。

審査にかかる時間は約1週間ほどです。

ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。

諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。

早く欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。

一般的には3~4カ月かけて契約が完了します。

家を建てるために必要なローンがいくつかあるのですが、中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。

こちらの融資は、十分な経費を用意できない場合、一時的に補う目的で借りるローンの事です。

通常、建築が終わってから住宅のためのローンが開始されるためその期間は、このような融資を利用される方が多いのです。

但し、こちらの借入れの場合利息がとても高いので一日でも早く手続きを済ませなければなりません。

安心して申し込める銀行を探しながら、契約内容を確認し無理なく続けられる計画作りがとても大切です。

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。

頭金無しでも住宅が購入できる!と言った様な広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅には他にも様々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

近々、マイホームの購入を検討されている方やローン返済中の方もオーバーローンにならないように注意する必要があります。

どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、別の目的があって申請した場合には、違反になります。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?仲介に入ってくれる方にもよく確認しておきましょう。

万が一、こうした違反が発覚してしまった場合間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

今から少しでも不安な点があればしっかりと確認し、今の現実にとらわれずに将来をしっかり見据えましょう。

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

自営業の住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

住宅ローンの相談のポイント

今の自営業の住宅ローンは数え切れないほど沢山の商品があり、今注目されている商品がどのような物なのか分らず、これだと自信を持って言えないというのが現状です。

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、借金をするやり方もありますがその分、費用もかかります。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多く専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。

これから自営業の住宅ローンを組む予定のある方は、融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。

データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。

ネットでも評判の金利の安い銀行で申し込んではみたものの、実は事務手数料や保証料といった細かな金額を合わせてみたら、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

なので是非、ローンを組む前に総合的にはいくらかかるのか、これをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。

住宅を建てるためには、いくつかローンがありますが、特につなぎ融資という方法で借入れ出来るのを知っていますか。

こちらの融資は、十分な経費を用意できない場合、一時しのぎで借りるローンの事を指します。

大抵の場合本名ローンは家が完成してからでないと始まらないので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。

ただし、この融資は利息が非常に高く日割りで計算されるため一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。

まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で今後も長く利用できるように計画をねっていきましょう。

住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

申し込み方法は、銀行または信用金庫他にはネットバンクなどからも申し込み可能です。

しかし、どの場合でも融資できるかどうか。

審査があります。

大事な事は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども大事な審査の対象になりまのでもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申し込みをした方が後々自分のためになります。

新しく家を購入するために自営業の住宅ローンを申請したけど、審査に落ちた…なんて方は意外と少なくないのです。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

何年か後に、夢のマイホームを建てる計画をしている方は借入れ以外に、火災保険の加入を勧められるでしょう。

借入れしたお金を毎月払っていかなければならないのに、高いお金を払う必要があるのかと思う方も多いでしょう。

けれども、災害や家事などで家を失ってしまった場合にもしも保険に入っていなければ、ローンは消えることなく他の経費と合わせてこのローンも払っていくしかないのです。

万が一何かあっても対処できるように、申請していれば貴方もローンを貸した側も負担を背負うことなく済むのです。

ですので、万が一に備えてしっかり申請しておく必要があります。