生命保険に入るメリットとデメリットを解説

2017年4月の金融庁が出した指導により保険無料相談後に高額な商品券を相談者特典としてプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針に対して各サービスでは、商品券から「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券やギフト券をプレゼントしているキャンペーンでやっているサービスもありますが、これはルール違反、ルール・法令違反なのですぐになくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスの利用を検討しているのならば、キャンペーンだけでなくサービスの質を重視して選びましょう。

すぐに相談をしたいなら保険ショップという選択肢もあります。

多くの人が保険を考える時期があります。

例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないと何を基準にして選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスの利用を検討してみませんか。

すでに保険に加入している人でも年収や支出などが契約当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、希望している保障内容が合っているか、いざという時にきちんと守ってくれるかを改めて見直しましょう。

相談をした結果、内容はほとんど同じなのに保険料が半分になったという話もあります。

相談・確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

評判を気にする職業と聞いて、どんな職を思いつきますか?一般的に思い浮かべるのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談を行なっている会社もすごく悪評を気にしているんです。

なぜかというと、無料相談サービスでは相談者が紹介された保険を契約したら保険会社から報酬が発生するため、強制的な勧誘をしているとSNSなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も悪評の多いFPとの契約を解除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

人生の中で保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる人からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

一時期、様々なところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘合戦では額が大きすぎて本体を買うよりもキャッシュバックされる金額の方が大きい時期もありました。

保険無料相談サービスでも同じように商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったプレゼントキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

なぜかというと2017年4月に総務省や金融庁が策定した指針で高額キャッシュバックや高額なギフト券などをプレゼントするキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、保険の相談業界ではお米や牛肉、タオルなどの商品プレゼントに変更しているサービスもあります。

ここ数年でペットの家族化が急速に進んでいます。

例えば、ペットのための保険やお寺などで行われるペット供養などです。

ペット保険とは、病気などの治療で動物病院に行った際の治療費を保障する保険です。

多くの動物病院で入院給付金や手術給付金が受給できるほか、オプションでガン給付金や死亡給付金がついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチン接種は保険の適用外になりますので若いペットの場合は必要ないから加入しないという考え方もあります。

ペット保険について気になる方は、保険無料相談サービスでも取り扱っているようなので相談してみましょう。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」という宣伝キャンペーンですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

しかし、時代が変わるとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができるサービスが増えました。

後から相談サービスに参入してきた企業は宣伝のために商品券や牛肉などの景品のプレゼントを始めました。

そこで無料で相談できる場所が増えたことで獲得しにくくなった金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。

保険の相談方法として来店タイプと訪問タイプとがありますが、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。

たとえば押しに負けて合わない契約をしてしまうということもあり得ます。

「確実に損をしますよ」等不安をあおるなど断れないような雰囲気を作るようなFPさんがいるところでは、アフターケアについても心配なので大事なことをお任せするのは考えものです。

話し合いで失敗しないために、自ら知識を深めるとともに家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

営業の人に提案されるがままに保険に入っててしまって実は、内容をちゃんと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを利用してはいかがでしょうか。

知識がなくても専門家が今はどんな保険、保障を契約しているか、現在思い描いているライフプランに合わない保険だった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、使う可能性の低いオプションを外したり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用し条件を満たすとお米や黒毛和牛肉をプレゼントするキャンペーンを行っていたりします。

数多く存在する保険相談会社の中で一番良いのはどこなのかわからなくなるかもしれません。

これだけでも事前にチェックしておきたいという重要なポイントをいくつか挙げてみようと思います。

まず最も調べておくべきなのは、FPさんたちの能力についてです。

そうはいっても人間同士相性もありますし、万が一のときに利用可能なサポートが用意されてある会社を選ぶと良いでしょう。

またさらに取扱商品数についても多ければFPさんが提案できるプランも幅広くなることと思います。

契約後のアフターサービスについても詳細を確認しておきましょう。

皆さんは自分の加入している保険の内容ってしっかり把握していますか?少しでもわからないところがあれば確認しておいた方がいいです。

その際、便利なのが保険無料相談サービスです。

例えば、病院で病気治療を受けたときに現在契約している保険ではいくら受け取れるかや家が地震で崩れてしまった時の震災保険などは、日常的に使わないので保障内容を忘れていることもあります。

そこでFPに相談を行うことで現在の保障内容が希望に合っているかを確認しましょう。

場合によっては、ほとんど同じ内容なのに月額を節約できたという報告も多いです。

豪華な景品プレゼントで相談者を募集している保険無料相談サービスをウェブ上で見かけます。

大半の方が、フォームから保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思っていますがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、アンケート回答などを各サービス会社では商品受領の条件にしています。

そもそも、申し込みを行ったからといって必ずしも面談が行えるわけではありません。

特に、中小のサービス会社に申し込んだ場合は、FPの登録者数が少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

保険相談の無料サービスを提供している会社は、少なくとも10社以上は知られている名前があるでしょう。

それだけたくさんある中でおすすめできると思うのは、FPさんの質が高いと会社です。

面談をいくつかの会社にお願いしたという人によると、同じことを話し合っても、担当のFPさんによって結果として返ってくるプランが異なることが多いのだとか。

契約をするとなったら長くお付き合いをしていくFPさん。

顧客側の希望をきちんと反映してくれるだけでなく、心から納得できるプランを提案してくれるような人にお願いしたいところですよね。

保険無料相談を行っている会社について、比較検討するため情報をピックアップしているサイトがあります。

評価を左右する重要点としては、面談の予約等が煩雑ではないかどうかや、どれだけの商品について提案できるか、そして最も見るべきはFPさんの評価の良し悪しです。

長い人生でもトップクラスの支出となるものについてのことなので、複数の会社で面談をしてみることで結果を比較検討し、全てを任せても安心なFPさんと今後のライフスタイルについて話し合っていきましょう。

家の次に高い買い物として、「保険」が挙げられます。

選ぶときには、慎重にならざるを得ません。

不安なら、無料でできる相談会社を利用してみてはいかがでしょう。

大雑把に大きく分けると来店型と訪問型とがありますが、条件を満たせば何かをもらえたりするところもあるとのこと。

商品券や図書券、現金などがもらえるそうです。

一万円に満たない額がほとんどですが、面談を数社とするならお小遣いとしては十分な額になるでしょう。

プロに不安を解消してもらえるうえにプレゼントがあるなんて、嬉しさ倍増ですよね。

今の保険を契約した際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどネットを参考にした人、職場に来た営業の人の勧めなどいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実はどんな保障が付いているのか覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用しましょう。

加入当時と現在で生活状況やライフプランは変わってくるものです。

そのため、相談してみた結果、保障内容がほぼ同じ内容なのに月額が低くなった、今の家族構成により合った内容に乗り換えができたという話も多いです。

参考:http://www.canadagoose-montreal.com/